« ファルコンSのキングオブローは出遅れから追い込むも8着 | トップページ | 小林淳一騎手が引退 今後はJRA競馬学校の教官へ »

2012年3月25日 (日)

マイネルロブストはクラシックでどこまでやれるのか

ゼンノエルシド産駒のマイネルロブスト

新馬、クローバー賞と連勝して、その後も札幌2歳S3着、朝日フューチュリティS・京成杯それぞれ2着と重賞戦線で惜しいレースを続けています

スプリングSでは武豊騎手で参戦したものの、重馬場を気にして7着
皐月賞でも引き続き武豊騎手を予定しているようですね

マイネルロブストは、新馬戦で大野騎手が乗っていたのが縁で注目しています


重馬場は苦手ということなので、クラシックは良馬場でやれるといいですね
ゼンノエルジドはマイルまでの馬でしたが、ロブストはどうでしょうか
ダービーに行くのか、NHKマイルなのか

古馬になって、忘れた頃に大野騎手がまた乗れるといいんですが(笑)

|

« ファルコンSのキングオブローは出遅れから追い込むも8着 | トップページ | 小林淳一騎手が引退 今後はJRA競馬学校の教官へ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124461/44622176

この記事へのトラックバック一覧です: マイネルロブストはクラシックでどこまでやれるのか:

« ファルコンSのキングオブローは出遅れから追い込むも8着 | トップページ | 小林淳一騎手が引退 今後はJRA競馬学校の教官へ »