« マイネルロブストはクラシックでどこまでやれるのか | トップページ | 伏兵ネコパンチが大金星、大逃げで勝ったニャ/日経賞 »

2012年3月26日 (月)

小林淳一騎手が引退 今後はJRA競馬学校の教官へ

 先日、コバジュンの愛称で親しまれた小林淳一騎手の引退が発表されました

数年前にもオファーがあったが「もうしばらく騎手で頑張りたい」と断った。だが「去年、再度オファーをいただいた。自分でも去年の成績(3勝)に納得できなくて、今年になって引退を決めました」

通産勝利数は299勝
3月31日・土曜日で引退ということで、最後に勝てそうな馬を回してあげられないものか…
と思いましたが、31日は騎乗せずと言うことです

最終騎乗を終えてのコメントが
「最後のレースでビリになるのも僕らしいと思いました。今は、終わってしまったというのが率直な思いです」
なんとも人柄を表しているようですね

ここ数年は勝ち星が挙げられず苦労している様子が見えましたが、人気薄の馬を3着に持ってきて波乱を起こす穴騎手でしたね
子供の声援に嬉しそうに笑っている姿が印象的でした

お疲れ様でした
蓑田早人元騎手のような名物教官となれるよう頑張ってもらいたいですね

|

« マイネルロブストはクラシックでどこまでやれるのか | トップページ | 伏兵ネコパンチが大金星、大逃げで勝ったニャ/日経賞 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124461/44634482

この記事へのトラックバック一覧です: 小林淳一騎手が引退 今後はJRA競馬学校の教官へ:

« マイネルロブストはクラシックでどこまでやれるのか | トップページ | 伏兵ネコパンチが大金星、大逃げで勝ったニャ/日経賞 »